起業初心者でもお客様が自然に集まるモニター集客3ステップ
起業初心者さん起業初心者さん

自分の販売したい商品がようやく決まってきたのですが、モニターさんにおためしでやってみたいです。モニターさんはどの様に集めればよいでしょうか?

起業家 佳代起業家 佳代

商品が決まったあと、すぐに販売する前に、モニターを募ることはとても有効ですよね。今回は、モニター集めについて解説しますね。

  • モニターの集め方がわからない
  • 無料モニターの募集方法をわからない
  • モニター集客法を知りたい
  • 無料モニターの集め方と募集の仕方の悩みを解決したい

こんなことで困っている方にオススメの記事になっています。

モニター募集をしよう

商品、肩書などを仮ぎめ出来ている人はモニターを募集していきましょう!

モニターをすることであなたの自信につながり、実績にもなり、生の声を聞けるので今まで決めた売れる決め手がさらにブラッシュアップしていけるはずです。

あなたの商品と肩書を本ぎめすることが可能になりますよ。

モニターにサービスを提供して、お客様の反応、改善点を集めましょう

モニター募集する3つの方法

まず、モニターはどうやって集めればよいのでしょうか?

私のコンサルでも以下のような3つの方法をお伝えしています。

モニター募集する方法
  1. 友人・知人に依頼する
  2. FB、インスタ、Twitter、アメブロ、youtube、noteなど各種SNSやブログで募集する
  3. クラウドワークスなど仕事として募集する

1.友人・知人に依頼する

最も早く集まるのがあなたの知り合いに依頼することです。

あなたの周りに

「今度、こういうことをやっていくことにしたんだけど、無料で良いからモニターをしてくれない?」

と誘ってみましょう。

2.FB、インスタ、Twitter、アメブロ、youtube、noteなど各種SNSやブログで募集する

依頼できる人がいない場合、SNSやブログで情報発信をしていたらそこに案内文章を載せておきましょう。

期間限定で募集したほうが集まりやすいです。

3.クラウドワークスなど仕事として募集する

報酬を渡せる場合は、クラウドワークスなどアウトソーシングできるサイト、仕事を募集できるサイトを使ってみましょう。

私の場合、クラウドワークスとランサーズの2つに同じモニター内容を掲載しましたが、ランサーズは掲載を却下されてしまいました。

内容やその時のタイミングなどもあるかと思いますので、1つのサイトで断られても諦めずに行動しましょう。

1名、3000-5000円ほどの報酬だと集まりやすいです。

お客様が自然とやって来るモニター集めの3ステップ

それではお客様が自然とやって来るモニター集めの3ステップがこちらです。

モニター集めの3ステップ
  1. 事前に与える
  2. モニター募集の告知文を作る
  3. モニター募集を告知する

詳しく説明しますね。

1.事前に与える

事前に与えるとは、モニターに集まって欲しい人に自分からメリットを与える、ギブするということです。

例えば、知人にモニターをお願いする場合、
普段からお願いばかりしていたり、その人に対して感謝や友好的な気持ちで接していなかったら、
モニター依頼をしても難しそうですよね?

普段からあなたの信頼の残高を増やしているか?が大切です。

知人なら急にお願いしても大丈夫かもしれませんが、ブログで募集する場合はとくにあなたの信頼度を事前に上げておくことが必要です。

事前に信用度を高める方法はコチラを参考にしてくださいね。

事前に信用度を高める方法

アメブロでのモニターの集め方│10個のチェックリスト付き

信用を上げればOKなのですごい人に見せる必要はありません。

「モニターを集めるということは、その分野、その業界についてのプロになってすごい人にならないとモニターさんなんて集まらないのではないか?」

と思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

すごい人どころか、弱い自分を見せる、今の時点での自分を見せる方が、「正直な人だ」と思われます。

そして、「正直な人」が

  • 「コツコツ投稿している」まじめさ、
  • 「一生懸命やるので、モニターやさん、どうぞ来て下さい」という熱い思い

が読み手に伝わると「応援したい」という気持ちになって、モニターをやってくれる方が現れますよ。

例えば、

「今日、ラーメン屋をオープンしました。

脱サラして初めてお客様に提供するラーメンなので、モニターとして食べて、
正直な感想をいただけないでしょうか。

今後、もっと美味しくしたいのでご協力してもらえるとありがたいです。

全力で美味しいラーメンを作らさせていただきます。

もちろん、感想をもらうために食べてほしいのでお代はいただきません。」

と言われたらどうでしょうか?

多少は心が動き、無料だったらいいかなと思って食べませんか?

熱意と今の自分を正直に見せている投稿があれば、実際にモニターさんは集まりますよ。

2.モニター募集の告知文を作る

モニターさん集めの土台が作れたら、次に告知の準備をしましょう。

具体的には、モニターの募集案内を作成します。

モニターさんの募集案内は、記事を独立して作りましょう。

別の記事やSNSから、
「この記事で募集案内の詳細が見れます」
とお伝えできるようにするためです。

募集案内には以下のことを書きます。

モニター募集案内の例

依頼の目的

なぜ、モニターを募集するのか?
誠実な理由、助けてあげたいと思ってもらうことが大事です。

助けて下さい、と正直にいうことが重要です。

こんな方に

あなたが来てほしい方を具体的に指定します。

条件を狭めすぎても集まりが悪くなります。

範囲はある程度緩めにしましょう。

こんな方はごめんなさい

あなたが来てほしくない方を明確にしておきましょう。

具体的な流れ

モニターが始まるとどんな風に進むのか、ステップを書きましょう。

モニターさんだからといって、いきあたりばったりのセッションにならないようにしましょう。

よくある質問

予め聞かれそうな質問は全部、予想して回答を書いておきましょう

要望

モニターでやってほしいことを書きましょう。

例えば、体験談な何文字くらいほしいのか、顔出し写真を取れる方限定なのか、動画出演(youtube)は可能かなど。

もっと詳細な「モニター告知文テンプレート【例文あり】無料モニター募集法」はこちらを御覧ください

3.モニター募集を告知する

最後にモニター案内を告知しましょう。

一番、集まりが良いのが知人の協力です。

ただ、仲が良すぎると、特に女性同士だと緊張感がなくなってただの女子トークになる可能性があり、
しっかり取組んでくれないということも起こりえます。

そうならないように、感想がほしいことを伝えたり、
自分が真剣にモニターを募って、商品開発に役立てたい
ということをわかってもらう工夫をしましょう。

そのために募集案内をしっかりと見せましょう。

モニターを告知する場所はその他、SNSでの呼びかけが有効です。

フェイスブック、インスタ、ツイッター、ブログなどででモニター募集していることを呼びかけましょう。

呼びかける記事の書き方は、先ほどのリンクを参考にしてくださいね。

まとめ

「お客様が自然とやって来るモニター集めの3ステップ」は次のとおりです。

  1. 事前にギブする
  2. モニター募集案内作成
  3. モニター募集を告知する

ぜひ、やってみてくださいね。